世界美術館巡り旅

世界の美術館・旅行・画家・絵画の情報共有サイト

カテゴリ:世界の美術館 > ハンガリーの美術館

 2019年7月にハンガリー国立美術館へ行きました。ハンガリー国立美術館は1957年創立で、ブダ城のなかにありました。ハンガリー人の古典絵画や19・20世紀にパリで活躍したハンガリー人画家の作品を所蔵・展示していました。西洋美術館と合併して新しい美術館を建てるとか、現代美術館と合併して新しい美術館を建てるとかの計画があったようですが、計画が変更になったようです。
ハンガリー人画家の作品を所蔵しているとの説明でしたが、ヨーロッパ作品や印象派・後期印象派画家の作品も一部展示されていました。 
             ブダ城全景(Wikipediaから)
Buda--Castles01
 王城の向こうに見えるのがドナウ川で、左上のセーチェ―二鎖橋を渡りました。ケーブルカーで王丘に上りました。王城中央の丸井ドームの辺りがハンガリー国立美術館です。
           ハンガリー国立美術館美術館前景
DSCN0744
ハンガリー国立美術館前で記念撮影
DSCN0745
ハンガリー国立美術館入り口前で記念撮影
DSCN0754kai
入り口ホール頭上のドーム
DSCN0763
中央吹き抜けホール
DSCN0764
 階段と展示室がこの吹き抜けホールに繋がっていました。最初に眼に着いたのが、次のマスターM.S.の作品でした。実像が良く分からないし現存作品の少ない画家です。有名美術館でも余り所蔵していない、レアものです。
         マリアのエリザベート訪問(マスターM.S.作)
1506 マリアのエリザベート訪問 マスターMS
マスターM.S.の作品の前で
DSCN0765
肖像の習作(アメリング作)の前で
DSCN0768
三艘の小舟(モネ作)の前で
DSCN0770
黒い豚(ゴーギャン作)
黒い豚 ゴーギャン (2)
黒い豚(ゴーギャン作)の前で
DSCN0771
五月のピクニック(シニェイ・メルシェ・パール作)
シニェイ・メルシェ・パール_-_Picnic_in_May
林檎の収穫(Lajos Karcsay作)
Apple_harvest_Lajos_Karcsay
水浴する女(ロッツ・カーロイ作)
水浴する女 ロッツ・カーロイ
黒衣の画家の妻(ロッツ・カーロイ作)の前で
DSCN0778
水玉模様の貴婦人(リップル・ローナイ・ヨージェフ作)
1889 リップル・ローナイ・ヨージェフ Ronai_dottedlady
      
 美術館を概略見終わったのですが、最大の目玉であるムンカーチ・ミハエルの作品が一枚も見つかりませんでした。年配男性の学芸員に「ムンカーチ・ミハエルの絵はどこにある。」と訪ねると、「ムンカーチ・ミハエルの部屋」があるそうで、道順を教えられました。ナカナカ見つからなかったのですが、その学芸員が心配して追いかけて来てくれました。部屋の近くで再度教えられて、やっとムンカーチ・ミハエルの部屋」に辿り着きました。階段を上った一階(日本風の数え方だと二階)の左側奥の展示室を通り抜けると廊下に出て、更に右奥にその部屋はありました
           牢獄(ムンカーチ・ミハエル作)
1869‐72 牢獄
牢獄の前で
DSCN0784
ピラトの前のキリスト(ムンカーチ・ミハエル作)
1881ムンカーチ・ミハーイ_-_Christ_in_front_of_Pilateピラト
薪を背負う女(ムンカーチ・ミハエル作)
1873 Woman with bush wood
攪乳する女(ムンカーチ・ミハエル作)
1872-73 Churning Woman攪乳する女
攪乳する女の前で
DSCN0788
酒好きの夫(ムンカーチ・ミハエル作)
1872-73 酒好きの夫
夜の浮浪者(ムンカーチ・ミハエル作)
1872‐73 夜の浮浪者
夜の浮浪者の前で
DSCN0790
ミルトン(ムンカーチ・ミハエル作)
1877‐78 ミルトン
この人を見よ(ムンカーチ・ミハエル作)
1896  この人を見よ
花と水差しの静物(ムンカーチ・ミハエル作)
1881 still_life_flowers_jug1
並木(ムンカーチ・ミハエル作)
1886 並木
 ムンカーチ・ミハエルの作品が20~30枚展示されていました。ムンカーチ・ミハエルはハンガリーで生まれ、フランスやドイツで教育を受けて同地で活躍したそうです。最も有名なハンガリー人画家です。予想より見ごたえのあった美術館でした。

 2019年7月にブダペスト西洋美術館に行きました。ヨーロッパで所蔵・展示作品に期待が持てる美術館の南東限にあたる美術館です。事前調査では非常に小さな「エスタルハージの聖母(ラファエロ作)」が代表作のようで、余り期待せずに行きました。行ってみてびっくりで、傑作・名品が多く所蔵・展示されていました。所蔵作品を紹介します。 
          ブダペスト西洋美術館(Wikipediaから)
Museum_Fine_Arts01 wiki
ブダペスト西洋美術館前で記念撮影
DSCN0644kai
ブダペスト西洋美術館入り口ホールの様子
DSCN0646
聖母子と二人の聖職者(フィリッピーノ・リッピ作)
1480 聖母子 フィリッピーノ・リッピ
フィリッピーノ・リッピ作品の前で
DSCN0658
十字架のキリスト(アルブレヒト・アルトドルファー作)
1520 十字架のキリスト  アルトドルファー作
アルトドルファーの作品の前で
DSCN0669
聖母子と聖人たち(ヴェロッキオ工房作)
DSCN0663kai
自画像(伝ジョルジョーネ作)
自画像 ジョルジョーネ
 ブラウンシュヴァイクにあるジョルジョーネの自画像と似ていますが、描き方が雑です。それの模写か本人の習作の可能性があります。どちらか判断が微妙です。
          エスタルハージの聖母(ラファエロ作)
Raffael_029エスタルハージの聖母
ラファエロの作品の前で
DSCN0690
茨の聖母(カルロ・クリヴェリ作)
茨の聖母 カルロ クリヴェッリ
聖母子像(ヴィットロ・クリヴェッリ作)
聖母 ヴィっとロ 
カルロ・クリヴェッリの作品の前で
DSCN0655kai
マンドラの聖母(ピントリッキオ作)
DSCN0661kai
セッティミィア・ヤコヴァッキの肖像(ティッツアーノ作)
DSCN0680
聖誕(ヘラルド・ダヴィド作)
聖誕 生誕 ヘラルド ダヴィド
キリストの復活(メムリンク作)
キリストの復活 メムリンク
洗礼者ヨハネの説法(ピーテル・ブリューゲル作)
洗礼者ヨハネの説法 ピーテル・ブリューゲル
ノアの箱舟に乗る動物たち(ヤン・ブリューゲル作)
ノアの箱舟に乗る動物たち ヤン・ブリューゲル
洗礼者ヨハネの首を持つサロメ(ルーカス・クラナハ作)
洗礼者ヨハネの首を持つサロメ ルーカス・クラナハ
聖母の死(ハンス・ホルバイン作)
聖母に死 ハンス ホルバイン
悲しみの聖母(ハンス・ボルデング・グレイン作)
悲しみの聖母  Hans BALDUNG GRIEN
悲しみの聖母の前で
DSCN0674kai
聖母子(ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラフィオ作)
DSCN0676
聖母子と聖カタリナ、聖バルバラ(ベルナルディーノ・ルイ―二作)
聖母子と聖カタリナ、聖バルバラ ベルナルディーノ・ルイ―二
エマウスの宴(ティントレット作)
エマウスの宴 ティントレット
ヴィーナス、キューピッドと嫉妬(ブロンズィーノ作)
654px-Angelo_Bronzino_-_Venus,_Cupid_and_Envy_-_WGA3298
羊飼いのいる風景(クラウデ・ローラン作)
1200px-Claude_Lorrain_-_Landscape_with_Shepherds_-_WGA04997
キリストの捕縛(エル・グレコ作)
キリストの捕縛 エル グレコ
夫婦の肖像(アンソニー・ファン・ダイク作)
Anthony_van_Dyck_-_Portrait_of_a_Married_Couple_-_WGA07410
パリスの審判(コールネリス・ファン・ハールレム作)
パリスの審判 コールネリス ファン ハールレム
授乳(マウリス・デニス作)
授乳 マウリス デニス
マグダラのマリア(Puvis de Chavannes作)
マグダラのマリア Puvis-de-Chavannes
ポン・ニーフ(ピサロ作)
ポン ニーフ  ピサロ
横たわる裸婦(ルノアール作)
DSCN0648
少女の肖像(ルノアール作)
少女の肖像 ルノアール
雪の庭(ポール・ゴーギャン作)
雪の庭 ゴーギャン
祭壇画や像も一杯展示されていました
DSCN0692
紹介しきれなかった傑作や品がまだまだありました。

(訂正)詳しく調べたら、ハンガリー西洋美術館が2018年まで閉館しているようです。ブダペスト行きを変更して、デュッセルドルフとケルンに行こうと思います。訪問はチョット先延ばしにします。
 次回の旅行で、ハンガリー国立美術館(ブダペスト)を訪問する計画です。事前勉強しましたので、投稿します。
 ハンガリー国立美術館は1957年創立で、ブダ城のなかにあるようです。ハンガリー人の古典絵画や19・20世紀にパリで活躍したハンガリー人画家の作品を所蔵・展示しているようです。古いブダ城にある事が問題なのか、西洋美術館と合併して新しい美術館を建てるとか、現代美術館と合併して新しい美術館を建てるとかの計画があったようです。館長が替わると、計画が変更になったようです。
 2015年から閉館されているという情報もありました。公式HPを見ると全面閉館の記載はありません。代わりに、部分的な閉館や再開の記載があります。特別展の記載もあり、全体像が読み取れません。行って確かめるしかなさそうです。実際の訪問後に、写真と情報を追加して再投稿します。
        ブダ城全景(このなかに国立美術館があるようです)
イメージ 1
公式HPに、19世紀の絵画写真が載せられていました。
      海賊の前のキリスト(ムンカーチ・ミハーイ、1881年作)
イメージ 2
  点模様のドレスを着た婦人(リップル・ローナイ・ヨージェフ、1889年作)
イメージ 3
古典絵画の写真は公式HPに載っていませんでした。

(訂正)詳しく調べたら、ハンガリー西洋美術館が2018年まで閉館していることが分かりました。旅程を変更します。ハンガリーに行くのを止めて、デュッセルドルフとケルンに行こうと思います。ハンガリー西洋美術館訪問は延期します。
 次回の旅行で、ハンガリー西洋美術館(ブダペスト)を訪問する計画です。ハンガリー国立美術館がハンガリー画家の作品を主に展示しているのに対し、ここではヨーロッパ全体の絵画が所蔵・展示されています。事前勉強の結果を投稿します。実際の訪問後に、写真・情報をつかして再投稿します。
              ハンガリー西洋美術館前景
イメージ 1
             自画像(ジョルジョーネ作)
イメージ 2
          エスタルハージの聖母(ラファエロ作)
イメージ 3
            聖母子像(カルロ・クリヴェリ作)
イメージ 4
聖母の容貌がクリベリ独特です。
             メムリンクの作品
イメージ 5
           ゲッセマネの園(エル・グレコ作)
イメージ 6
               エル・グレコの作品
イメージ 7
                ダイクの作品
イメージ 8
              ライスダールの風景画
イメージ 9
             クラウデ・ローランの風景画
イメージ 10
               三艘の舟(モネ作)
イメージ 11
              ブロンズィーニの作品
イメージ 12
ヨーロッパ絵画が潤沢に展示されている欧州最南東端の美術館か?

↑このページのトップヘ