フェリーチェ・フィチェレッリ(1605~1660年)はバロック期にトスカーナ地方で活躍したイタリア人画家です。フェルメールの最初期(1655年頃)に描かれたとされる「聖プラクセディス」の元の絵を描いたことで名が知られています。
           聖プラクセディス(フェリーチェ・フィチェレッリ作)
聖プラクセディス Felice_Ficherelli_001
         聖プラクセディス(伝フェルメールが 1655年頃に模写)
聖プラクセディス Vermeer_saint_praxedis
 この絵がフェルメール模写という説の最大の根拠が、フェルメールのサインがあることのようです。ここまで完璧な模写だと、作者本人の模写の可能性が高いと個人的には思います。カラヴァッジョやルーベンスなどが自身でコピーを描いた事例は結構あります。一方、フェルメールが元来の絵をここまで詳細に模写できた事情が思いつきません。元絵がイタリアからオランダに瞬間移動でもしたのでしょうか。更にフェリーチェ・フィチェレッリが存命中です。そこまで著作権を無視して模写して、フェルメールのサインを描き込んだとも思えません。
 フェリーチェ・フィチェレッリは北イタリア(現トスカーナ州の)サン・ジミニャーノで生まれました。初期のパトロンだったコンテ・バルジがフェリーチェ・フィチェレッリをフィレンツェへ移住させて、ヤコポ・ダ・エンポリに師事させました。作品を紹介します。
       クレオパトラの死(フェリーチェ・フィチェレッリ 1650年代作)
1650s クレオパトラの死-Felice_Ficherelli
      Francesco Furiniの肖像(フェリーチェ・フィチェレッリ 1650年作)
1650-Felice_ficherelli_o_francesco_furini,_fanciulla,_su_rame,
聖イレーヌに治療されるサン・セバスチャン(フェリーチェ・フィチェレッリ 1650年作)
1650 聖イレーヌに治療される-St_Sebastian_PNG
      ホロフェルネスの首を持つユディト(フェリーチェ・フィチェレッリ作)
800px-Felice_Ficherelli_-_Judith_with_the_Head_of_Holofernes
シリアの王子アンティオキウスとその継母(フェリーチェ・フィチェレッリ作)
_Antiochus_Prince_of_Syria_and_Stratonica_His_Stepmother
アルミダの庭のカルロとウバルド(フェリーチェ・フィチェレッリ作)
Carlo_e_Ubaldo_nel_giardino_di_Armida_庭
ルクレチアの強奪(フェリーチェ・フィチェレッリ作)
Ficherelli,_Felice_-_The_Rape_of_Lucretia
イザックの生贄(フェリーチェ・フィチェレッリ作)
Sacrificio_di_Isacco_-_Ficherelli
 バロック期の写実的な画家だったようです。